【仮想通貨勉強会】

仮想通貨を記事にしていきます♬これから始める方も一緒に勉強しましょう!

【世界のICOに対する規制・対応まとめ!】

http://crypto-economy.net/wp-content/uploads/2017/10/ICOs-300x225.jpg

【世界のICOに対する規制・対応まとめ!】

 

  • カナダ

カナダの金融監督当局CSAは、24日、新規発行のデジタルトークンを金融安全保障に分類することができれば、証券法が最初の通貨取引に適用されると発表した。

ICOを通じて資本調達を計画している企業は、それが保証かどうかを検討する必要があります。企業はまた、地元の証券監督当局に連絡して、証券法を遵守するための可能なアプローチについて議論する必要があります。

  • 中国

市場を驚かせた7つの中国規制当局は、最初のコイン提供は違法で許可されていない資金調達の形であり、人民共和国内のすべての人物と企業はビジネスを資金提供するために象徴的な販売を開始することを禁じているという共同声明を発表した。

中国は、疑わしい詐欺の疑いのあるビジネスにリンクしているとの完全なICO禁止を発行した最初の国であった。議会は、中国が禁止を発布した直後に、取引所でのデジタル通貨取引を閉鎖し、禁止するために必要となるビットコインの交換についても報告した。

  • 香港

中国本土とは異なり、香港は新会社に対してより適合したICO規制を発行している。証券先物委員会(SFC)は9月5日、証券の定義に該当するデジタルトークンが香港証券取引所法の対象であると述べ、SFCの規制範囲内に入るとの声明を発表した。

シンガポール金融監督院(MAS)は、「シンガポールにおけるデジタルトークンの供給または発行は、デジタルトークンが法律(SFA)によって規制されている製品である場合、MASによって規制されるMASは、資金調達の手段としてシンガポールのコイン(またはトークン)の最初のオファーの数が最近増加した結果です。

言い換えれば、カナダ、香港、米国との類似性により、新しいデジタルトークンの販売は、トークンが発行会社の事実上の証券である場合、MASの規制対象となります。

  • 韓国

韓国は中国の足跡をたどり、Cryptomonedaコミュニティを驚かせた。9月29日、韓国金融委員会は、財務活動を慎重に監視し管理する必要があるため、あらゆるタイプのデジタルトークンの販売が禁止されると発表した。

議会議員が適切なデジタル通貨規制を発行すると、中国と同様に、この絶対的禁止が無効になる可能性があります

  • スイス

スイスの金融規制当局FINMAは、特定の種類のICOが規制の範囲に該当するかどうかを特定し、不正なトークンの売却に徹底的な措置を講じるかどうかを特定する試みで、規制当局がその国境内で保有されているすべてのICOを調査する予定であると発表する声明を発表した。

スイスは、世界のクリプトチュールのための最も親しみやすい国の一つであり、クリプトバレーと呼ばれる重要なブロックチェーンセンターの本拠地です。

  • アメリカ

7月25日、米国証券取引委員会(SEC)は、UU。(SEC)は、当初の通貨の提供に関連するリスクを強調し、発行会社の有価証券として有効に機能するデジタルトークンが連邦証券法の対象となると発表しました。つまり、ICOを開始する新しい企業は、SECの規制管理下にある必要があります。あるいは、そのトークンが事実上の有価証券ではないことを証明する必要があります。

www.crypto-economy.net

 

ざっとご紹介しましたが肝心の『日本』はどうなるのでしょうか。

 

COMSAなどでこれから国内のICOが盛り上がろうとしているところですが

今のところ詳しい規制は決まっていないようです。

www.nikkei.com

 

日本の対応によっては仮想通貨市場にも大きく影響してきそうですね。

これからの動きに注目です。

 

☟こちらの記事も勉強になりますのでご覧になってみてください。

virtualmoney.jp